お口トラブルが口臭がきつくさせる原因?

お口トラブルが口臭がきつくさせる原因?

口臭は様々な原因で発生しますが、多くの口臭は何らかの体のトラブルによって発生しており、たかが口臭と考えていると後々大きな問題へと発展する可能性もないとは言えません。

 

口臭が発生している元は胃などの消化器と口腔内の二つがあり、消化器から来る臭いは単に臭いが強い食べ物を食べただけと言うこともありますが、口腔内から来る臭いは多くの場合何らかの問題を抱えていると考えるべきです。

 

口腔内が原因の口臭は、基本的に雑菌などが原因で発生しています。健康的な口腔環境では雑菌が大量に繁殖することはできないため、口腔内から普段よりもきつい悪臭が発生していると言う場合、口腔内の免疫力が低下していることが疑われます。

 

この原因としてよくあるのはドライマウスで、唾液の分泌量が減り雑菌への抑制力が落ちることで様々な衛生問題が発生します。

 

ドライマウスは悪臭だけでなく虫歯や歯周病のリスクが極端に上昇しますので、単に消臭スプレーを使ってごまかすのではなくきちんと元を断つ必要があります。

 

口腔内のトラブルは常に口腔内の環境を整えることで予防・改善できることが多いです。それは毎食後にきちんと歯磨きをする、定期的にうがいをする、こまめに水分補給をし口内の乾燥を防ぐなど基本的なことで、これらを毎日行うことで大きな改善がみられます。

 

特にこまめな水分補給を行い口腔内を湿らせることは、ドライマウスの方にとって重要なこととなりますので、意識して行うようにしましょう。

メニュー

最新記事